地鎮祭の意味

投稿日: カテゴリー: おすすめ土地のこと

神主さんが施主さんに

 

 

土地はあなたの物じゃない!

 

 

とおっしゃる事があります。

 

 

え?!...』 って感じですよね。

 

 

解説すると、

 

大地は神様の物であって

人間はあくまでも使わせて頂いているだけ

という考えです。

 

 

高いお金を出して購入した土地だから

好きに使うぜ!もいいけど、

 

それは神様にご挨拶をしてからにして下さい。

 

その後は自由に使ってもらってOKです。

 

と、優しい丁寧な口調で

今日も教えて頂きました。

 

 

この土地で家族が幸せ

暮らしていけるような家を建てますので

 

土地を使わせて頂きますが、

どうぞよろしくお願い致します。

 

と、神様にご挨拶をするのが地鎮祭なんです。

 

※パパ頑張れ! と、後ろから応援中

 

※パパじゃない人もやるんだ?! と、確認中

 

 

建築確認が降りたので、

明日からすぐ着工!も大切ですが

 

工事着工前に一拍おくというか

関係者みんなの息を合わすというか

 

責任感で気も引き締まりますし、

この時間的ゆとりが私は好きです。

 

誰もが経験できることじゃないし

家に愛着を持てるし、

 

ご家族にとってもは良い思い出に

なるに違いありません。

※子供達にとっては楽しいちょっと不思議な体験です。

 

神主さんや式典準備の手配の費用で

だいたい10万円前後は必要ですが

 

この謙虚な姿勢の儀式は

昔から引き継がれてきた大切にしたい儀式です。

 

お客さんも施工業者も改めて

気が引き締まります。

 

 

スピリチュアルな事が苦手な人には

ピンとこないかも知れませんが

 

謙虚な姿勢を大切にする日本人らしい

良い儀式だと今日改めて感じました。

 

神様にご挨拶した

この謙虚な姿勢を継続させ

 

施主さんと施工業者が共に協力して

工事を実施していく事が

 

施工中の近隣へ対するマナーや

完成した時の施主様の喜びに繋がるんだと思います。

 

 

何事もそうですが

いつも当たり前だと感じている事にも

 

有難い! と、

 

感謝と謙虚の心を大切にしなければいけませんね。

 

・朝起こしてくれるのも

・食器を洗ってくれるのも

・運転してくれるのも

・気遣ってくれる何気ない会話も

 

家を建てた後にもこの気持ちを継続して頂いて

家族がずーーっと幸せになって頂きたいです。

 

※地鎮祭にてみんな良い笑顔。 だけど部長、目つぶっちゃってるし…

 

 

 

今日は施工業者としましても

良いエネルギーをもらえました。

 

私の運気も上昇中です! 多分…

 

 

今日は地鎮祭を通して身が締まる思いをしました。

 

 

あ、

 

 

決して寒い中での式典だったからじゃないですよ!

 

 

それでは今日はこの辺で

 

ばいちゃ!