強くて優しく包んでくれるイイ奴

投稿日: カテゴリー: ブログ土地のこと建築のこと

 

『家にあった木を何とか使いたい』

 

 

今ある家を取り壊して新築へ建替え

のご相談のお家だったんですが

 

庭にあった木が無くなってしまうので

 

思い出のこの木を何とか再利用して

コースターにしたいので

解体の時に輪切りにして下さい。

 

そうお願いをされていたんです。

 

※解体時の写真です。

 

このお客さんと出会ったのは約一年前。

 

 

プランニング、打合せにじっくり

時間をかけてきたこのお家も

 

来月にはいよいよ完成、

お引き渡しを控えています。

 

※今日現在の写真です

 

※ちなみにこのお家は…

 

10年、20年、30年後のお家の

メンテナンスを想定して

建てられています。

 

 

選ばれた商品はどれも

 

 

・メンテナンスコストの心配の無い

長持ちする外壁材や外回り商品

 

・汚れがつきにくく

掃除のしやすい水回り

 

 

・生活動線もシンプルに

無駄の無い集約された間取り

 

 

・断熱効果が高く

調湿、防音効果の高い断熱材

 

 

が採用されています。※

 

 

コースターにする為、輪切りにした木を見て

 

 

『結構大きいですね?!

やっぱり鍋敷きにします!

 

 

とおっしゃいました。

 

 

コースターに出来るだろうと思われた木も

 

お客さんが思っていたよりも

はるかに大きく成長していて

 

コースターには大きすぎたようです。

 

 

ご存知のように、木というのは

 

月日を重ねる毎に

年輪が増え、太く、強く

たくましく成長します。

 

 

新しいお家で生活するご家族皆さんも

 

将来のメンテナンスのお金の

不安がないこの家で

 

安心して人生という名の年輪を

このお家と共に刻んで頂きたいですね。

 

※ハイテクキッチンと無垢材の木のぬくもり

 

何気なくお渡しするはずだった

輪切りの木なんですが

 

 

木の生命力の凄さを改めて

思い知らされてしまいました。

 

 

間違いなく木は生きています。

 

 

生きている人間を

元気に育む家

やっぱり木造住宅にしたいですね。

 

 

森はあたたかぁ~い

 

 

CWニコルさんも名言をおっしゃいました。

 

 

木造最高!

 

 

それでは今日はこの辺で

 

 

ばいちゃ!