デジタルは希望を与えた?

投稿日: カテゴリー: ブログ

 

お盆も終わりましたね。

 

お盆休み明けで仕事のペースがつかめず、

変なタイミングでお腹が空いたりしませんか?

 

 

お盆は楽しみましたか?

 

 

私は休み期間中1つのテーマがあって

時間が許す限り、山・川・海へ行き

自然と遊んで来ました。

 

 

それは

 

【脱デジタルでアナログを満喫】 です。

 

 

川や海では

お金では無く体を使って

釣った魚をその場でさばいて

火を起こして皆で食べ

 

山では

落ちてきそうな空一面の星を眺め

虫たちの声を聞きながら

真の暗闇の中でグッスリと眠り

 

さながら無人島サバイバル生活です。

 

いきなり黄金伝説の無人島生活

よゐこ浜口の

『取ったどー-』 状態です。

(分かる人には分かるはず)

 

 

お陰で、普段から持ち歩いている

ポケットwi-fiもスマホも電波が

全く届かないド田舎生活を満喫できました。

 

 

こういう思い出は記憶から忘れないです。

 

 

不便でしたが

 

普段いかに便利すぎる生活を送り

 

テレビ・パソコン・スマホ・ゲームから

自分には本当に必要ない情報が

流れ込んできているのかが分かりました。

 

 

こんな事に時間を奪われ続ける生活を

送ってしまうと危ないなぁと感じました。

 

 

あなたのまわりにも大人、子供問わず

『忙しい!時間が無い!』

と言っている人って結構いませんか?

 

そういう人はひょっとすると

 

膨大な情報を無意識で浴び続け

それに大事な時間を

結構使っている人かもしれません。

 

それよりも家族や恋人、友人、目の前の人と

1分1秒でも長くお話しする事が

大事だと思います。

 

テレビやスマホを見ながらする会話って

相手の話を聞いているようで

全く理解できていません。

 

それが毎日毎日ちょっとずつが

蓄積されていくようだと

 

家族の絆、仲間との友情は

育まれないと思います。

 

 

最近、ファミレスやカフェで

皆がシーンとスマホを見ている

家族や友達グループなどを

結構見るようになりました。

 

公園で自動販売機のコンセントに差し込んで

各々がゲームをする子供達も見ます。

 

いつの日からかこういう事が

当たり前の時代になってしまいました。

 

それをダメだよなぁ。

と嘆いていても始まりません。

 

 

これは皆さんお気づき

親が環境を整えるしかないです。

 

 

私は家族みんなが幸せになれる家って

 

家族の絆があり

 

楽しい時には笑い合い、

子供が駄目なことをした時は説教をされ

人の気持ちが分かるように成長し

 

コミュニケーションが取れる団らんがある

サザエさん一家みたいな家だと思っています。

 

今は意識して団らんの時間を作らないと

誘惑が多く難しい環境になっています。

 

家の間取りを工夫して強制的に

コミュニケーションを取り入れる

方法などもあったりします。

 

 

こういう仕事をしていると

家族を想う人は応援したい

と、つくづく思います。