予知できないのに地震に備える必要性って何?

投稿日: カテゴリー: おすすめブログ

 

何度もおしりをタッチされる中、

行ってきました。

 

“神戸ルミナリエ2017”

 

開港150周年記念ルミナリエ

 

 

初詣顔負けの人ごみでした。

 

 

神戸は海も山も夜景も上品で綺麗な町も

異人館もグルメも全てが一度に楽しめる町で

大好きなのでちょこちょこ行くのですが

 

今年は神戸150年記念事業と言うこともあり

特によく通っています。

 

 

春に行った須磨浦公園山頂。明石海峡が見えます

 

 

夏に行った時の北野異人館

 

 

異人館からも海が見えます。昔は大きな建物も少ないはずなので もっと眺めが綺麗だったと思います。

 

 

今週行った夜の神戸

 

 

 

 

 

圧巻のスケールです。

 

 

残念ながら17日、本日で

ルミナリエは終わってしまうのですが

 

メリケンパークでは

【めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT】

というイベントも開催されています。

 

 

日本では余り聞き慣れない職業の

プラントハンター西畠さんが挑戦したという

 

見て綺麗、背景を知って感動するという

壮大なドラマがあるイベントです。

 

 

話題のツリー

 

 

富山県で発見した樹齢150年

全長30メートル、重量24トンの

“あすなろの木” という生きた巨木を

神戸まで持ってきています。

 

陸路では木が大きすぎて、

曲がりきれないカーブにある

電柱などは事前に移設したのだとか

他にも色んなエピソードがありますので

 

詳しくは公式ページにて

http://soratree.jp/asunaro.html

 

 

どちらもスゴく良かったです。

 

 

 

ですがルミナリエは

“綺麗“ だけでは終われません。

 

 

忘れてはいけない

『阪神淡路大震災』です。

 

 

裏の華やかな光との対比が意味深いです。

 

 

石碑の文字まで読んで頂きたいです。

 

 

地震の怖さを

日々意識することは難しいです。

 

 

私と同じく日常で防災意識を常に維持するのが

難しい人もきっと多いと思います。

 

 

ルミナリエで感じた

 

家づくりに関わる1人の人間として

私が出来る事は何か…

 

帰り道に運転しながら考えていました。

 

 

 

 

その答えはきっと

 

 

普段から意識する事が難しい防災意識

を家づくりの時には思い出して頂き

 

地震に強い家を建てて

家族の命を守りましょう。

 

と、話し合う事だと思いました。

 

 

この仕事じゃなきゃ出来ない

大事な役目です。

 

 

そんなことを考えると

ちょっと嬉しくなりました。

 

 

 

【追伸】

 

自然現象の予知は難しいです。

 

 

大地震が発生した時、

家族の命を守る事が

出来る可能性があるのか、ないのか?

 

 

家づくりは今、ニーズが多様化し

お客さんから様々なことが要求されますが、

 

耐震性能や制震装置、

 

地震に強い家にする事は

お客さんが望んでいなかったとしても

お伝えする責任はありますね。

 

 

さぁ、今日も地震に強い家をしっかり

お伝えして行きたいと思います。

 

 

それでは今日はこの辺で

 

ばいちゃ!