会社で起こった事件から学んだ大事なこと

投稿日: カテゴリー: ブログ未分類

 

“今日も頑張るでーー”

 

と思いながら、いつものように

会社の自動シャッターのリモコンを

ポチッと押して

 

 

ギーー 、キーーー、 ギーー

 

 

と言いながら

ゆっくりゆっくりシャッターが開くのを

寒いなぁと思いながら待っていました。

 

少しずつシャッターが開くその間は

何もすることが無いので、

 

会社の前の道に

 

 

・タバコの吸い殻がポイ捨てされていないか?

 

・お菓子やパンのビニールが落ちていないか?

 

・使用済みティッシュは捨てられていないか?

(ごく稀に、手袋や靴なども落ちてたりします。笑)

 

 

をチェックするんですが

その日はゴミは無く

 

 

“よし、オッケー♪”

 

 

とは思っていたのですが、

 

晴れているのに、道路が一部濡れていたんです。

 

なんかおかしいけど、特に気にしませんでした。

 

 

そこからみんな出勤してきて

いつものように掃除、朝礼をして

仕事の報・連・相 や ちょっとした雑談をして

 

その後、各自がいつもの仕事に取りかかりました。

 

 

私も相談を受けている土地を測りに行ったり

資料を郵送しに郵便局に行ったりして

 

何回か事務所を出入りしていたんですが、

その日は出入りを繰り返すたびに

 

事務所の外の様子がいつもと何か違うな

と違和感がしていたんですが

 

何が違うのか分かりませんでした。

 

 

 

“なんか違うよなぁ”

 

 

 

ちょっとしたモヤモヤが

自分の中で我慢できるレベルを越えたので

 

15時頃帰ってきた時に

外をよーく観察してみると

 

朝、道路が濡れて色が濃くなった

アスファルトの範囲が

かなり広がっていたんです。

 

 

 

“なんかおかしい?”

 

 

 

朝の掃除の時、会社前の水まきは

設計のルクが担当なのですが

 

最近は、寒さで道路が凍る恐れがあるので

水なんて撒いていません。

 

 

なのに濡れていて色が濃くなっているんです。

 

 

しばらく動かずじっくり観察したのですが

 

なんと、水がアスファルトの地面の下から

ポコポコと沸き上がっているんです。

 

道路と歩道の間の側溝にも絶え間なく

水が流れているんです。

 

その流れの勢いは

 

煙草の吸い殻とかなら

押し流してしまいそうなほど

結構しっかりとした感じです。

 

 

 

“なんかおかしい?”

 

 

 

 

 

“絶対おかしい!!”

 

 

 

に変わりました。

 

 

慌てて会社に入って社長含め

みんなにもこの状況を見てもらって

 

もちろん、みんなビックリ。

 

 

 

 

すると社長は冷静に

 

 

『水道管が破裂したんちゃうか?!』

 

 

と言い、そのまま水道局へ連絡し

あとは市の対応を待つことに。

 

 

そこから松原市の対応が早かったんです。

 

 

電話したのが15時頃

 

最初の一人が様子を見に来たのが17時頃

 

どう対応するかの説明があったのが17時半頃

 

その時の話では

 

 

『今日の深夜から明け方に工事します』

 

 

とのことでした。

 

 

しかし実際は、

 

 

私が帰ろうとした19時半頃には

ガードマンさん、工事業者さんが到着し

 

道路の規制も始まっていて

みんなで工事の打合せをしていました。

 

 

 

『今からするんですか??』

 

 

と聞くと、

 

 

『そうです。ごめんなさいね。

ご迷惑掛けまして、すいません。』

 

 

と返ってきました。

 

 

その時、深夜ちゃうやん!?と一瞬よぎりながらも

 

 

すごい!早い!嬉しい!

 

 

と思いました。

 

 

 

私は、 これだ! と思いました。

 

 

相手は私と同じ、建築・土木の工事業者です。

 

 

迷惑を掛けて、すいませんという姿勢と

スピーディーな対応。

 

 

おそらく、どこかの部門との連携が

上手くいかなかったのでしょう

 

多少時間帯がヅレて

連絡がこちら側に無かったとしても

 

その部分だけ取り上げて

クレームを言う人も居そうですが

 

結果的に、物凄く早く対応してくれたので

そこを評価したい!と私は思いました。

 

 

仕事や人生において、

 

色んな事が時として計画通りに

上手くいかないことが多々あります。

 

 

全てが100%言った通りになるのがいいですが

 

ほとんどの場合、そうはいきませんよね?

 

 

その時、必ずリカバリーのチャンスがあります。

 

 

私が何気なく声を掛けた一言に対して

 

気持ちよく答えてくれて

 

大人の皆さんが急な工事にもかかわらず

完全なる勤務外の時間ですし、

金曜の夜だったので、予定もあったでしょうが

 

 

一生懸命仕事してくれている姿が

素晴らしいと思いました。

 

 

翌日の出勤時には

水があふれてくるのも止まって

道路も復旧されていて

 

ごみ1つ落ちていない状態でした。

 

 

 

その日1日、みんなが気持ちよく

仕事できた事は言うまでもありません。

 

 

リカバリー次第で印象が凄く変わるなと

とても良い勉強になった

 

 

会社前、水漏れ事件でした。

 

 

ピンチをチャンスに変えていきましょう!

 

 

松原市、業者さん、その節はありがとう!!

 

 

それでは今日はこの辺で

 

ばいちゃ!