一括資料請求に失敗しないコツ

投稿日: カテゴリー: おすすめブログ建築のこと

 

“またいっぱい来てる。  ハァ。。”

 

一括資料請求をしたあの日から

ポストをのぞくのが、ちょっと嫌になってきた。

 

 

こんな事になんの?!

 

 

それまでは、速攻ゴミ箱行きのチラシと

公共料金の封筒ぐらいだったのに。。

 

 

 

見るからに中身が詰まってそうな

立派な封筒の時は、手荷物がないかチェック。

 

スーパーの袋を片手に

指が変になってツリそうになった日もあった。

 

 

重いけど捨てるわけにもいかないし

とりあえず置いていたテーブルの上も

もう置けるスペースがない。

 

 

まだまだ来るんかな?!

 

 

とりあえず1個づつ確認しても

全部見終わるのにはいつまでかかるんかな?

 

 

ため息をつく間もなく、知らない番号から

 

『お問い合わせ頂きありがとうございます!』

 

と忙しい時に限って電話が掛かってくるし。

 

資料まだ見てないし、

そもそも知らない番号からのいきなりの電話は怖いし。

 

 

日常にこんな変化が出るなんて”

 

 

これは以前お客さんに聞いた実際の様子です。

それも1回や2回じゃない。

 

ひょっとして同じような想いの人が

いっぱい居るんじゃないか?

と考えるようになりました。

 

その時、どんな気持ちになりましたか?と聞くと

 

ちょっと嫌な気持ちになった。

家づくりにちょっと疲れてきた。

 

こんな声が多く聞こえるようになりました。

 

 

 

私はショックでした。

 

 

 

せっかく夢を叶える為の第一歩として

資料を取り寄せたのに

疲れた。 とか 嫌な気持ちになった。 とか

 

家づくりを楽しんでもらいたと考えている

住宅提供者側と

夢を叶える為に第一歩を踏み出した

お客さんとの間で

 

ちょっと変な事が起こっています。

 

 

住宅営業に携わる者としては

これは見逃せない問題です。

 

 

ここからは私の考えですが、

この問題を解決するには

 

 

『気軽に資料請求はしない方が良い』

という事です。

 

 

『資料請求して下さい』

という工務店の人が言うのはおかしくない?!

と思われそうですが、

 

誤解しないで下さい。

 

 

“気軽に何社も” です。

 

 

2~3社に絞って欲しいのです。

 

 

今はネットありきで世の中は回っています。

 

住宅各社もホームページを作っていて

SNSの投稿も頑張っています。

(ホームページがない会社もたまにありますが)

 

 

あなたが検索する中で

何となく気になる会社ってあると思うんです。

 

 

・お客さんの顔や声が載っていたり

(画像サイトの家族写真を使っている会社も)

 

・スタッフが活き活きしていたり

 

・社長はどんな人か分かったり

 

・価値観が合いそうな家づくりだったり

 

問い合わせするならそういった会社に

絞った方が良いと思います。

 

でないと、価値観が合わないような会社から

バンバン営業されてもうっとうしいと思うんです。

 

あなたも毎日忙しいので

全ての会社は相手に出来ないと思います。

 

 

“2~3社に絞る”

 

 

これはあなたがストレスから解放される

本当に有効なやり方です。

 

資料を請求しようと考えていた方は

参考にしてみて下さい。

 

 

その時は当社も候補の1社に入れて頂くと

あなたの想像を超える

楽しい家づくりをお約束します。

 

 

難しいことを難しく説明するのはプロじゃない

 

 

そんな気持ちで取り組んでいますので

あなたの困った。を、お聞かせ下さい。

 

ちょうど資料請求したかったという方はこちら

1:資料請求問合せフォーム

 

 

今日は

【一括資料請求に失敗しない方法】

でした。

 

 

資料請求以外にも失敗しがちなポイント

があるのですが、

 

長くなってしまうので、それはまた今度に

 

 

それでは今日はこの辺で

ばいちゃ!

 

1:資料請求問合せフォーム