WB工法の解説

WB工法の解説

通気断熱WB工法の概念

日本には世界に誇るべき建築文化の木造住宅があります。木材を家づくりに生かす心と技が、歴史や風土につちかわれてきました。この木造建築が持つ英知の集積を学ぶことは人類的課題とも言っていいでしょう。一年を通して高い湿度、世界有数の降雨量、著しい冬の寒冷、夏の高温、またその温度差という建築物にとって極めて厳しい条件の下、100年、200年と時が育てた木の生命の力は、気候風土に適応する住まいの力へと姿を変え、私達日本人の生活を守ってきました。在来工法の最も優れた点の一つに、木材の持つ調湿能力を生かしている事が上げられます。木は湿気を吸い込んでは吐き出し、また湿度が高くなれば吸い調湿しています。  通気断熱WB工法は、このような木材の調湿能力を生かしながら、さらに機械換気装置に頼らず独自の通気システムを構築し、まるで家自身が呼吸しているように自然な換気制御を実現しています。 通気断熱WB工法は、進化した在来工法なのです

WB工法のWとはダブルの通気層、Bとはビルダーとブレス(呼吸)を表します。

通気断熱WB工法の定義

1.木造建築を基本とする。
木が持つ調湿能力を生かす構造体を構築します。

2.壁体内に通気層を設け、二重の通気層構造とする。
外壁と内壁の間に第一通気層を設け、内壁の中に第二通気層を設けます。第二通気層には『気管呼吸』の役目をさせます。

3.部屋の壁は透湿性とする
部屋の壁には透湿性の高い素材を使い、『皮膚呼吸』の役目をさせます。

4.気候に応じた通気性を図る
『形状記憶式自動開閉装置』を用い夏は冷却層に、冬は保温層に制御し、通気層によって断熱効果を生み出します。

5.家内の気流を制御する
階段室や吹抜けは『シーリングファン(空気対流扇)』で、天井付近と床付近の温度差を解消します。

通気断熱の原点

私達人間は、自分自身が快適に生活するために衣服に吸湿性の高い綿や、保温効果の高い羊毛を選びます。寒ければ重ね着をし、暑ければ脱いで調節をします。蒸し暑くて汗をかけば下着が汗を吸い取って発散させるような湿度の調整も、ごく自然に行っています。  家も人間と同様に汗をかき、気温変化にも大きく影響を受けています。通気断熱WB工法の原点は、家づくりに人間と衣服との関係と同じ考えをすることです。

オールシーズンの家

日本には四季があり、その気候条件によって室内環境は大きく影響を受けます。気候の変化に大して家が呼吸して、室内の温度や湿度を制御するしくみが通気断熱WB工法の『皮膚呼吸』と『気管呼吸』です。『皮膚呼吸』はちょうど下着のように、壁が水分を吸います。『気管呼吸』は壁を通して排出された湿気を棟へと回します。内壁層に設けた通気層を夏は開放して冷却層にし、冬は閉じて保温層になり、人間が着替えるように温度を調節します。『皮膚呼吸』と『気管呼吸』は家づくりの原点であり絶対不可欠なのです。

在来工法について

図のように日本の建築文化である在来工法が行ってきた構造は、家の健康と夏の焼け込みに対し、一定の効果があったのですが、冬の寒さ対策は野放しの状態(夏向きの家)でした。

高気密高断熱について

現在行われている省エネ住宅「高気密高断熱」は冬の暖かさのみを追求した構造であるため、気管呼吸を止めた造りとなっています。

家の呼吸とは

家が呼吸をするというと、一般的にすき間のある家と考えられがちです。しかし家の呼吸はすき間ではありません。家の呼吸とは室内の壁の透湿「皮膚呼吸」のことをいいます。人間は呼吸し、たくさん水分を必要とし、発散しています。また住まいには、化学物質、臭いも同様に生じるで、「家の呼吸」が絶対条件であることを十分理解していただかなくてはなりません。そこで勘違いしないでいただきたいことは、「私の家は換気システム(機械換気)を取り入れているので家が呼吸している」という考え方です。むしろ機械換気を取り付けなければ住むことのできない不健康な家と考えるべきなのです。 家の呼吸により、木材・壁が湿気を吸収・放出します。例えば40坪の住宅では、どれ位の木材と壁面積でmどれ位の水分が自然に吸放出できるのでしょうか。木材は1坪当たり約2.3石が使われるので、1棟で92石となります。平均的木材の含水率を15%から30%とすると、92石の木材は約2000リットルの水分量となります。壁は40坪で約500平米あり(石膏12.5mm)1平米あたり2リットルの水分が吸放出しますので約1000リットルの水分量となります。つまり40坪の家は、合計3000リットルの調湿能力を持つことが出来るのです。

生活の中から放出される水分量

1家4人で生活している場合、1日約6リットルの水分が発散されます(洗濯物、観葉植物)。冬場、閉め切った家の中は暖房をし、毎日6リットルの水分の発散を想像していただければ、家の呼吸がいかに大切かが分かります。 人間も家も同じです。「皮膚呼吸」と「気管呼吸」によって健康に生きています。呼吸の出来ない素材(ビニールクロス・合板ベニヤ等)による「窒息機密住宅(後述)」は、人が下着にナイロン、上着にビニール合羽を着た状態と同じなのです。

窒息気密住宅

窒息気密住宅の原因

住宅において窒息とは、透湿性のない材料(合板ベニヤ・ビニールシート等)によって家全体を囲ってしまい通気ができなくなった状態のことです。壁体内通気層による「気管呼吸」を止めて暖かさをもとめる構造と室内の壁をビニールクロス(防湿)によって仕上げた住宅を「窒息気密住宅」といいます。 非透湿素材の使用によって完成した構造は窒息状態となり、窒息住宅は物を保存する容器のようになっています。この容器が様々な問題を引き起こす原因となっています。これから提示する蒸れ腐れ、夏の暑さ、結露、省エネ等の問題を解決する為に、家の隅々に渡り窒息状態を取り除かなくてはなりません。家づくりの大原則は呼吸です。人間は”物”ではなく”生き物”なのです。

窒息気密住宅の歴史

昭和45年頃まで日本の家は夏向きに造られ、壁(土壁)や木材が呼吸できる日本建築文化そのものでした。家づくりに大手資本が参入し始め、家は合板によって囲われるようになり、構造的に窒息の第一歩となりました。また、内装下地材に石膏ボードが開発され、室内の気密は一段と高くなり、仕上材としてビニールクロスが開発され、その普及によって室内は窒息状態となったのです。 折りしも地球環境保護が叫ばれ、住宅にも省エネルギーが求められるようになり、ハウスメーカーの合板気密住宅は時代に適合した住宅と見なされ、日本建築文化である在来工法は不適合住宅として法律的にも厳しい状態となってしまいます。健康住宅だった在来工法にも高気密断熱住宅が開発され現在に至っています。 表面的快適さを求めれるがため、あまりにも安易の方法によって気密を進めた結果、家は窒息気密住宅となりシックハウスという新たな病気まで発生させてしまったのです。

解決法

窒息気密住宅の解消は「家の呼吸」の一言に尽きます。夏、家は直射日光を受け50℃から65℃の受熱をします。その熱が壁体内に上昇気流を起こさせ、室内壁への湿気の浸透「皮膚呼吸」を促進します。また、壁体内の上昇気流は床下の冷気を引き上げますので、床下の湿気は除かれて淀んだ部分の空気はなくなり窒息の解消となります。 冬はどうなるのかという疑問があります。冬場、各ポイントの通気層が閉じられ保湿層とするため、冬は窒息してしまうと思われがちですが、家が持っている調湿能力は想像を超えたものがあります。窒息材によって止めなければ、十分な調湿効果を発揮します。例えば40坪に4人家族で住んで水分を発散させても、500日は吸ってくれるのです。

室内環境

室内環境の悪化の原因

室内環境悪化の問題は、人が家に住むことによって始まります。化学物質がこもっても、人が住まなければ問題になりません。水分も室内には出ません。家を建てる以上、人が住むことは当然であり、住むために家を造るのです。これは当たり前であるために忘れられているのではないでしょうか。 家が完成した時点で、室内にこもる化学物質の濃度は厚生労働省が定める指針値(0.08ppm)以下でなくてはならないことは当然のことですが、窒息気密化が原因となり高濃度でこもってしまうのです。 室内環境の悪化は化学物質だけではありません。毎日の生活から出し続ける水分、臭い、持ち込まれる殺虫剤、芳香剤、抗菌剤、暖房時・料理時の燃焼排気ガス、住む人の二酸化炭素、その他様々です。これらの物質が毎日家の中に放出され、その処理のできない家づくりが原因となっています。

高気密高断熱の計画換気とは

計画換気とは機械換気のことを言い、換気システムとも言います。窒息気密住宅となってしまった住宅の空気を強制的に機械によって入れ替え、また循環させるしくみです。これは例えるなら病人に取り付けられる生命維持装置を取り付けなければ住めない家が「窒息気密住宅」です。

計画換気の問題点

高気密住宅に機械換気が取り付けられるようになってから10数年が経過しています。今その機械換気内からカビ、ダニの死骸、糞、ホコリが吐き出され、ハウスダストとなってアレルギー、アトピー、喘息等が引き起こされています。他にも音の問題、臭いの問題、湿度調整の問題、ウイルスの問題、化学物質等続々と問題が指摘されています。

化学物質がこもる原因

化学物質はなぜこれほどに室内にこもるようになってしまったのでしょうか。厚生労働省の所見が示すとおり、近年の住宅は施工者が経済性と合理性を端的に追求したため、様々な建材の使い方が間違っていました。その結果、窒息気密住宅となってしまったことが一番の原因と言えます。 建材の一つ一つがよくないのでは決してありません。悪いのは家全体を合板で囲い、ビニールを貼り、ビニールクロスで部屋を仕上げたことなのです。 住宅にこもる化学物質の中で「シックハウス症候群」を引き起こしている物質は主にホルムアルデヒドといわれています。ホルムアルデヒドは40%の水溶性でホルマリンとなります。 このホルマリンは物を腐らせない、虫を寄せ付けない、接着力の強力化に効果があるため、合板や接着剤など大半の住宅、家具等に使われています。 ホルマリンは大切な家を虫や蒸れ腐れから守ってきました。家から虫が出て殺虫剤を持って駆除に奔走したことのある方も多いのではないでしょうか。 今そのホルマリンが悪者にされ、建物から消されようとしています。目先のことだけにとらわれ、虫が出れば薬品をつかい、害を及ぼせばその薬品を追放し、また他の薬品を使い、新たな病気が生まれます。そのたびに多額のお金を投資した家が蒸れ腐れ、虫に食われ、さらには住む人が病気になってしまうのです。それも10年20年を経てやっと原因が分かります。犠牲者(モルモット)は私達なのです。

国の方針がおかしい

何百万、何千万人という被害者を出している「シックハウス症候群」。国はその対策として、住宅性能表示を法律化し、今回その一部を改正しました。主にシックハウス症候群対策によるガイドラインが打ち出されました。その内容は省エネルギー化を図るための手段と経過の中で窒息気密住宅となった事を究明するのではなく、その構造と悪の根源を容認した中での評価計算方をし、その数値が評価基準のガイドラインとなっています。 一度掛け違えたボタンは原点へ戻さない限り修正は不可能です。正しい家づくりを今こそ見直す時です。

解決法

室内環境悪化の解決は大きく次の2つに分けられます。

1.新築時における化学物質濃度を極限にまで減らす

新築時における室内化学物質汚染が大きな社会問題となり、国はその解決方法を品確法の性能表示で新築時における実測に踏み切りました。今のところ、これといった解決法がない中で、通気断熱WB工法は家に呼吸させる事によって建材にF2,E1をしようしても強制換気なしで解決できたのです。ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン等の室内汚染度に関わる「新築住宅20棟測定」の結果では、家に呼吸をさせる通気断熱WB工法の家は厚生労働省の定める指針値の1/2から1/10であることが実証されています。

また「ホルムアルデヒドの濃度変化に関する予備実験」で示すとおり、家が呼吸をしていれば改めホルマリンを部屋に発散させても2日ほどでほとんどなくなっています。家の呼吸とは家にすき間があるのではありません。透湿材の壁により「皮膚呼吸」をさせることで室内にこもる化学物質は解決出来るのです。

2.生活時における湿気、臭い、化学物質、音、ハウスダスト、暑さ寒さ等を制御する

通気断熱WB工法の「息をする家」は、人が生活の中で発散する水分(湿気)の中に溶け込んでいるホルムアルデヒド、他化学物質、臭い等を、部屋の壁が「皮膚呼吸」で吸い、壁の中の通気層が「気管呼吸」で棟へ排出していくという2つの呼吸により、室内にこもらない構造です。 また形状記憶式自動開閉装置により、夏は通気を開放して冷却層とし、冬は通気を止め保温層とすることで外気の暑さ、寒さに影響されずに室内温度を保ちます。 冬は通気層が閉じるので窒息気密になってしまうように思いますが、前述の家の呼吸とはに湿す通り呼吸する家には大量の調湿能力があります。40坪で3トンの保水能力は、4人家族で毎日6リットルの水分を発散させても500日は吸い続けることが出来るので、呼吸する構造は「窒息気密住宅」とは違い室内に化学物質はこもりません。

大切なのは木の恵みを生かす家の呼吸

毎年、省エネルギー住宅から端を発し住宅を窒息気密にし「本格木造建築」とか「人に優しい木造住宅」とか「環境に優しく風土にあった木の温もり」といった表現をしていますが、ビニール、合板パネル等によって呼吸が止められてしまっては、中はプラスチックでも鉄でも何でも良く、木のぬくもりはありません。

国の見解

生活環境問題について国(厚生労働省・国土交通省)は、生活する環境は住む人の責任としています。住宅性能表示の中で3.劣化の軽減、5.温熱環境、6.空気環境は、とても密接な関係にあります。しかし住宅性能表示では、あくまで省エネルギー(窒息気密)を最優先しているため問題解決を難しくしています。 近年「プレハブ」合板パネル住宅が造られた時点から家の窒息が始まり、冬窓の結露は当たり前と思い込んでしまいました。その後、地球環境保護が叫ばれ、省エネルギーが求められた住宅は一段と高気密となり、冬の結露はもちろん、室内に化学物質がこもり、アレルギー、アトピー、喘息、目まい、といった症状が表れ、「シックハウス症候群」となっています。このような経過の中でも家の高気密基準が、省エネルギー基準となる数値が打ち出され最悪の生活環境となっています。現在その最悪な状況を改良するため強制換気が行われていますが、強制換気による新たな弊害が続出しています。

住宅の歩み

住宅が変化してきた経緯を辿って見ると、1300年もの長い歴史を持つ日本建築文化の中で、近年の短い間に生活様式の変化と共に住宅環境が悪化していることが確認できます。 窒息気密化した住宅に起きる多湿によるカビ、ダニの繁殖、その死骸と糞が室内の空気に浮遊し住む人が吸い続けることによって起きる喘息、アレルギー、アトピーも生活環境悪化が大きな原因となっています。その上呼吸が出来ない住宅は、化学物質が浸透せず室内にこもるのでダブルパンチとなり、その合併症が発生する最悪の室内環境を造ってしまったのです。 今、機械換気による生活環境汚染の軽減が行われています。しかし5~7年した機械やダクトからカビ、ダニの死骸、糞が吹き出され、換気システム(家中空気を回す)によって家中に浮遊させる結果となっています 。

気候と住まい

夏暑く冬寒い原因

真夏時、外気温が30度から35度の時点で住宅(屋根・壁)の直射による受熱は50度から65度に達します。この焼け込みが家に入り込み、断熱材(グラスウール)に蓄熱しまうことが夏暑い最大の原因となっています。 夜涼しくなっても熱を放出し続け熱帯夜となってしまうのです。 また、2階建ての場合、1回の壁や屋根で焼け込んだ50度から60度の熱気が、上昇気流により2階に押し上げられ、2階が異常に暑くなってしまいます。 夏の暑さの原因は、壁や屋根の焼け込みによる熱気の侵入だったのです。

日本建築伝統の在来工法とプレハブが行っている断熱材の使い方は一時期どの工法にもまったく同じ、100mmのグラスウールを壁体内に押し込む方法でした。しかし在来工法は寒く、プレハブは暖かでした。その違いは壁体内に通気が通っているか、通っていないかの違いです。 近年さまざまな暖房機が開発され、それらは室内全体を暖める性能があるので壁全体が暖まり、壁の中に上昇気流が発生し、四方の壁が冷却層となってしまったのです。一方プレハブは壁の中の空気を止めているため上昇気流が起きず、暖かい室内となっています。 冬の寒さの原因は、壁体内の上昇気流にあったのです。

解決法

壁や屋根で受けた焼け込みによる熱気を、壁体内や小屋裏に入れないよう外通気層(第一通気層)を造り、熱気を逃がします。 また、床下の冷気を有効活用するため、主断熱の内側に通気層(第二通気層)を造り、冷気を引き上げ冷却層とし、夏涼しい快適環境をつくり出します。

壁体内の上昇気流とコールドドラフトをいかに止めるかが解決のカギとなります。 形状記憶合金を用いた通気制御装置により、通気口を閉じ壁体内を保温層とすることで、暖房した熱を逃がさない快適な環境をつくり出します。

結露

結露が起きる原因

窓ガラスに流れる結露、押入れの中の結露はいやのものです。いやだけで済まされない重大な問題があります。結露によるカビ・ダニ、家の蒸れ腐れ、シックハウス症候群、その全ては窒息緊密が原因で始まっています。 結露は、私達が生活する中から発散する湿気が室内にこもり多湿となって、急激な温度差から生じるため窓ガラス等に付着する水滴です。通気が殺された壁の中、皮膚呼吸が止められた部屋の中、空気が淀んだタンスの裏、極端な場合は床のフローリング、小屋裏等さまざまな場所で起きます。この減少は冬だけでなく夏にも起きています。これを『逆結露』といいます。 家が汗をかく結露は、壁が皮膚呼吸できない窒息気密が原因となっています。例えば気温25度の時に8畳の部屋(30平米)の中で約1.6リットルの水分が蒸発するとその部屋は湿度100%となります。 夏、冬を問わず人が雨の日にビニール合羽を着た場合、下着はびしょびしょに濡れてしまいます。家も同様で、ビニール及び合板ベニヤによる窒息材は内側から汗をかきます。窒息気密住宅では、一年中暑いセーターを着ながら二重のビニールで囲われた中でで毎日大量の水分を蒸発させているようなものです。

素材別結露実験(湿度70%)
部材の質ごとの結露実験です。
A.釘、金物、ガラスは温度差3度から結露が始まります。
B.プラスチック、ビニール系は温度差4.5度から結露が始まります。
C.木材、紙類は温度差10度位までは結露は起こりません。

解決法

結露の解決には、室内の壁を透湿性とし、呼吸させることが必要です。通気断熱WB工法は室内の湿気を透湿性の壁による皮膚呼吸で壁体内の通気層(気管)へ放出し、結露が極めて少ない住まいを実現します。 下記表は結露実験結果です。この実験は8帖の壁に「透湿=皮膚呼吸」布クロスを貼った部屋と「非透湿=窒息」ビニールクロスを貼った部屋の結露状態を調べたものです。石膏ボードに透湿クロスを貼ると結露はなく、非透湿クロスをはると非常に結露します。

下記表は室内が何%の湿度の時に、室内の設定温度からガラスの表面温度が何度まで下がると結露を起こすかの表です。 室内温度が20度の時、窒息気密住宅は湿度80%、ガラス表面温度16.5度で結露しますが、その時通気断熱では湿度が40%に抑えられるので、ガラス表面温度4℃でも結露しません。壁が呼吸していると部屋の中で洗濯物を干しても、観葉植物に水をやっても湿度は35~55%で、窓に結露はありません。壁が湿気を吸っているのです。

蒸れ腐れ

蒸れ腐れの原因

住宅の蒸れ腐れは、空気がよどみ酸素が欠乏し発生した腐敗菌が原因で起こります。住宅に暖かさを求める為に行われた気密化が、呼吸が出来ない窒息気密となり家全体の空気が淀み、湿気がこもり短期間で木を蒸らし腐らせています。

窒息気密住宅の寿命

上の写真は、築5年の高気密高断熱住宅です。平成13年3月、小屋裏でポタポタと雨が漏れる音がするので見てほしい、との一報で施工業者と瓦屋さんが瓦をはいで調べたところ、黒いルーフィングは乾燥しており「すがもれ」ではないことを確認し、さらに瓦棒を取りルーフィングをはいでみると、野地板の上は「アイスバーン」になっておりルーフィングの裏はびっしょり濡れ、野路板は所によって抜けてしまうまでに蒸れていた現場です。 省エネルギー住宅とはいえ、5年でこのような現象になってしまったのでは、施主様はもちろん、施工業者のリスクは大変なものとなります。さらに屋根がこの状態なら土台は・・・、また壁体内に結露が起きていたら・・・、等と不安は広がります。 木は強いもので多少濡れても風通し(通気)が良く呼吸が出来れば蒸れ腐れはありません。ビニール、合板といった皮膚呼吸が出来ない素材で家全体及び室内を囲うことにより蒸れ腐れが発生してしまいます。

解決法

住宅の蒸れ腐れの解決は、家の呼吸の一言に尽きます。 日本は世界的にみても1年を通し湿度が高く、気温の高い国です。建築物にとっては大変厳しい条件の中で1300年もの長い間、今もなお美しい姿を見せている法隆寺にはとても不思議な気がします。

参考


左の写真は、長野県佐久市のU邸の土台です。 築100年の家ですが、床下の蒸れ腐れ、白アリによる被害等はなく、土台、柱、桁は100年経過しても木がもつねばりがあり健康そのものです。 明治時代は土台を玉石の基礎という点で受けていたため木の呼吸が止められることなく100年も呼吸し続ける事が出来た結果と考えます。このお宅も、都市化が進み近隣の地盤が上がり決して良い条件ではありませんでした。

こちらの写真は、文化生活のため浴室、キッチン等の改装が行われ、約20年経過した同じ土台です。通気が止められた土台は、写真に見るように殆ど蒸れ腐れが生じ土台の原形をとどめていません。 このように100年経過した住宅から私達は多くの知恵を学ぶことが出来ます。 日本は経済発展をし、生活様式が一変しました。昔ながらの寒い家で我慢をすることは出来ません。しかしながら5~20年で家が蒸れ腐れてしまったのでは、施主様の経済を圧迫するばかりか、地球資源のサイクルが追いつきません。家に暖かさを求めるため安易な窒息気密でなく、昔からの建築文化を学び、知恵を出し現代の生活様式にあった蒸れ腐れのない住宅でなくてはなりません。 それは呼吸する家、壁の中の通気路を生かし構造材に万遍なく空気が行き届く通気断熱WB工法と考えます。

省エネルギー

本当の省エネ断熱とは

本当の省エネルギー、断熱住宅の為には、冬季と夏季とで家の気流が変わらなくてはなりません。なぜなら、冬と夏では気候条件が正反対になるからです。冬向きの「高気密」、夏向きの「旧在来」では一方の気候条件しか満たされていません。夏が家に受ける熱は50~65度となります。その熱を自然の対流によって放出する構造が本当の省エネ住宅です。冬は家の中に大量の水分が発散されます。その水分を放出しながら、熱は放出しない構造が本当の省エネ住宅です。 省エネ断熱には「家の呼吸」が必要です。呼吸とは室内のすき間ではありません。透湿性の壁による「皮膚呼吸」と壁体内の通気層による「気管呼吸」による家全体の自然な呼吸のことです。 省エネ断熱にはまた「気管呼吸」の制御が必要です。動力を使うことなく自然の熱を感知して、自動的に冬は閉じ、夏は解放させる装置が必要となります。これが「形状記憶合金」による自動開閉装置です。 室内環境での解説のように、省エネ断熱は住む人の健康と密接な関係にあります。窒息気密住宅は人が住めない実験棟のようなものです。

浪エネルギー工法

1.日本建築文化の在来工法は夏向きの構造のため夏は快適ですが、冬は1室を暖房するだけでも大量のエネルギーが必要であり、各室に温度差が生じ健康省エネ住宅とはいえません。

2.最近の高気密高断熱工法は、冬は一様に暖かくなりますが、室内にこもる湿度、化学物質当の問題解決のため、強制換気を行わなくてはなりません。せっかく暖めた空気を外に捨て、冷たい空気を入れるため、その熱ロスと24時間365日の換気運転によるランニングコストと機械換気設備費等は省エネとはほど遠いものとなっています。また夏は家が受熱する50~65度をそのまま抱えこんでしまうため、エアコンなしでは住めない住宅となり、これも省エネとは程遠くなってしまいます。

本当の健康と省エネ断熱住宅とは

住む人の健康と、家の寿命と省エネルギーは、切り離して考えることは出来ません。その3つの要素を切り離して造られてきたのがプレハブ、高気密住宅です。省エネルギーのみを追求し、住む人の健康と家の寿命を置きざりにしてしまいました。これはボタンを掛け違えた洋服と同じで、基に戻さない限り本当の健康と省エネはあり得ません。 そしてもう一つ大切なことは、室内の気流をどう扱うかです。冬暖かさを求める中で私達は一番大きな要因を見逃してしまいました。それは暖かい吸気は必ず上昇するということです。当たり前のことですが忘れています。たとえば私達が家に入っただけで36度の暖房機となります。またその熱源から発生した暖気は階段を上がり、2階ホールの天井から消えていくのです。暖かさとして感じることのないところで上昇気流が起き、その上昇気流が床の冷たい空気を動かしています。このような現象が起きていることも知らずに寒いといって暖房を強くするのですから、上昇気流による床の冷えは何十倍にもなり、住む人の足腰を冷やし続けていたのです。 上昇気流が引き起こす袖風をすきま風と間違え、家全体にビニールを張り、目貼りをした窒息気密住宅の誕生となっています。自然界に起きる上昇気流と、冷たい空気が重く下に下りるコールドドラフト、夏家が受ける熱量等、その扱い方を間違えると省エネどころか大変な浪エネルギー不健康住宅となってしまいます。 通気断熱WB工法が省エネばかりを追及した窒息気密住宅と大きく違うのは家と人の健康に必要な「家の呼吸」を構造の基本にしていることです。通気断熱WB工法は室内の壁で透湿気密をつくり、壁体内通気層を自然に制御することで本当の健康と省エネ住宅を実現しています。

発想の転換

断熱を物体によって遮断するのでなく、空気に行わせるのが通気断熱WB工法です。 夏は主断熱の内側にある通気層に床下の冷気がゆるやかに引き上げられ「空気断熱」となり、焼け込みを放出します。日中窓を閉めきり、外の熱気を入れないようにし、階段室に取り付けられたシーリングファン(空気対流扇)を上向きで回転する(空気を引き上げる)ことによって床下の冷気が引き上げられ2階ホールのランマから放出します。 冬はその通着そうの入口と出口が絞られ「保温断熱」住宅となります。家の中に起きる上昇気流を止めれば家は暖かくなります。止め方は、階段室にシーリングファン(空気対流扇)を取付け、下向きに圧力をかけてください。 室内の暖かさは、体に風を感じることなく部屋の中の気圧を変える省エネ君ヨドマーズを取り付けることによって実現します。床と天井の温度差は0度~3度になります。

おわりに

住宅において、建物の造り方が変化をしてきた経過をたどり、経済的に豊になった生活様式の変化を順を追って振り返ってみますと、現在行われている家の造りの中で何が良く何が悪い影響を与えているのか、おぼろ毛に見えてきます。 住宅の造り方が基本的に変わり始めて数十年、現在では高気密をうたわなくとも室内は高気密になっています。これは実際に現場で仕事をしている私共大工が一番良く知っているのではないでしょうか。

冬場における暖房機も目まぐるしい発展をしました。石油ストーブが開発され開放型反射ストーブから、開放型ファンフィーター、住宅は合板・パネル化及びビニールクロスによって窒息気密化し、開放型の暖房によって室内に排気ガスを撒き散らす結果となりましたが、人はそこに住み続けたのです。 こうして振り返ってみますと、シックハウス症候群という病気になっても不思議ではありません。長い年月の中で私達の住環境は便利さを求め真綿で首を締められるがごとく悪化してきたのです。そしてやっと、その悪化した住環境に気づき改善すべき対策を取り始めました。

空気は目に見えないだけに管理しにくいので注意が必要です。家造りをしていく上でどのような施工判断をすれば良いのかいまだにはっきりしていません。厚生労働省は人体に影響を及ぼす物質の種類とその濃度の指針を明示しました。これは大変な前進であると思います。 私達建設業者はその指針値を超えない住宅造りと測定を行い、建築主に住環境を提示する義務があります。国土交通省が行っている性能表示とその評価には矛盾点が多すぎ、片方を立てれば他の片方が立ちません。このように律法化しながら法律は強制義務化ではなく建主と施工者の任意としています。国の方針を鵜呑みにするわけにはいきません。最後に責任を負うのは私達施工業者なのです。

通気断熱WB工法は、壁体内自然換気システムであり家の呼吸を促進する構造となっています。呼吸は室内の空気を清浄してくれます。室内においては対流扇によって気流の調節をし、暖房と冷房の効率をアップします。その2つの気流を制御することによって自然と共存しています。 ここで勘違いをしないで頂きたいことは、通気断熱WB工法は熱源なしでも冬も夏も、春秋と同じに過ごせると思い込んでしまうことです。たしかに、少量のエネルギーで冬は温かく結露もなく、夏はエアコンがほとんど必要ないくらい涼しくなります。化学物質は四季を通し厚生労働省指針値の1/2から1/10程度の数値を測定しています。家が呼吸することによって多くの問題が解決されており、入居後も最良の状態を測定値が示しています。しかし、入梅時、真夏は住む人の使い方によって体感は大きく異なり、自然換気システムでの暑さ寒さの対応には限度があります。 快適に過ごすためには、わずかな補助が必要であることをご承知おきください。